THE ORAL CIGARETTES
THE ORAL CIGARETTES

THE ORAL CIGARETTES

THE ORAL CIGARETTESについて

BKW。番狂わせを意味する彼らのアティテュードであり、混沌としたマインドと格闘し続けるTHE ORAL CIGARETTESのサウンドを端的に説明するキーワードだ。妖艶な視線と歌声を持つ山中拓也(Vo/G)、足を高く蹴り上げるダンスとともにベースを奏でるあきらかにあきら(B/Cho)、長髪を振り乱して鮮烈なギターフレーズを放つ鈴木重伸(G)、そして、入り組んだロックチューンに推進力のビートをもたらす中西雅哉(Dr)。4人によって生み出されたファーストアルバム『The BKW Show!!』(2014年)のタイトルにも、そのワードが掲げられている。

山中の口上から始まるライブは常に熱狂を巻き起こし、2017年にはサードアルバム『UNOFFICIAL』を携えた初の日本武道館ワンマン公演をソールドアウト。デビュー5周年となる2019年には、ベストアルバム『Before It’s Too Late』を第1章の締めくくりと位置づけ、初の野外ワンマン公演とフェスティバル形式の2日間による自主イベント『PARASITE DEJAVU』にて、バンド第2章の幕開けを宣言した。

生々しく躍動するコンビネーションが持ち前のロックバンドにして、21世紀のビートミュージックのマナーを積極的に採用するなど、ジャンルを超えたチャレンジも厭わない。この4人組は“BKW”の表現を更新し続けている。

同じタイプのアーティスト