BLUE ENCOUNT
BLUE ENCOUNT

BLUE ENCOUNT

BLUE ENCOUNTについて

理知的にデザインされたバンドサウンドと、エモーションあふれる真っすぐなメッセージの両輪で、全力疾走を続ける4人組バンド。

2008年に、田邊駿一(Vo/G)、江口雄也(G)、辻村勇太(B)、高村佳秀(Dr)が正式メンバーとしてそろい、2010年に初の全国流通となるミニアルバムをインディーズでリリースした。エモ/ハードコアからメタルの要素まで盛り込んだ音楽性と、田邊による直情的なライブMCが話題を呼び、次第に注目を集めていった。

約4年に及ぶインディーズでの活動によってライブシーンでの支持基盤を固めると、2014年にEP『TIMELESS ROOKIE』でついにメジャーデビューを果たす。その後は不朽のアンセムとなった初シングル「もっと光を」のみならず、アニメ作品のテーマ曲となった「DAY×DAY」「Survivor」「ハミングバード」、テレビドラマ主題歌「LAST HERO」「バッドパラドックス」など話題性の大きなタイアップ曲を次々に手掛けることで、新たなファンを獲得していった。2016年には初の日本武道館ワンマンを成功させるなど、表現へのフレッシュな衝動を見失うことなく活動を続けている。

同じタイプのアーティスト