11曲、32分

スタッフメモ

ジャズ界がビバップ隆盛に沸く1940年代後半、その未来に早くも限界を感じていたマイルス・デイヴィスは、アレンジやアンサンブルを重視した9人編成の実験的グループを結成。その斬新な発想が高く評価され、大手Capitol Recordsから録音の機会を獲得。そのサウンドは、ギル・エヴァンス、ジェリー・マリガン、ジョン・ルイスによる洗練されたアレンジと知的で抑制されたアドリブを融合し、さまざまなアイデアが盛り込まれた。1950年代には、そのサウンドからインスピレーションを受けて、西海岸でウェストコーストジャズのムーブメントが起こるなど、新たな方向性を提示する大きなきっかけとなった。そして、全ての音源がまとめられて、1957年にリリースされたのが、このアルバム「Birth of the Cool」である。

スタッフメモ

ジャズ界がビバップ隆盛に沸く1940年代後半、その未来に早くも限界を感じていたマイルス・デイヴィスは、アレンジやアンサンブルを重視した9人編成の実験的グループを結成。その斬新な発想が高く評価され、大手Capitol Recordsから録音の機会を獲得。そのサウンドは、ギル・エヴァンス、ジェリー・マリガン、ジョン・ルイスによる洗練されたアレンジと知的で抑制されたアドリブを融合し、さまざまなアイデアが盛り込まれた。1950年代には、そのサウンドからインスピレーションを受けて、西海岸でウェストコーストジャズのムーブメントが起こるなど、新たな方向性を提示する大きなきっかけとなった。そして、全ての音源がまとめられて、1957年にリリースされたのが、このアルバム「Birth of the Cool」である。

タイトル 時間

マイルス・デイヴィス その他の作品