2曲、38分

スタッフメモ

急速な変化を伴うマイルス・デイヴィスの成長過程において、本作が録音された1969年前後はさらに加速度を増す。ある種、過激ともいえるこの時期、俗にいうエレクトリックマイルスが本作によって全貌をあらわにした。鍵は2人の新顔ジョン・マクラフリンとジョー・ザヴィヌル。冒頭、16ビートを刻むハイハットに煽動されながら各楽器が自由に奏でる"Shhh/Peaceful"。その神秘的な空間は、現在と未来を結ぶ時間の軌道をイメージさせる。プロデュースのテオ・マセロによってテープ編集が施されたことでも話題となったが、そこには既存のジャズからの脱却を図る新生マイルスをイメージ付ける意図もあった。

スタッフメモ

急速な変化を伴うマイルス・デイヴィスの成長過程において、本作が録音された1969年前後はさらに加速度を増す。ある種、過激ともいえるこの時期、俗にいうエレクトリックマイルスが本作によって全貌をあらわにした。鍵は2人の新顔ジョン・マクラフリンとジョー・ザヴィヌル。冒頭、16ビートを刻むハイハットに煽動されながら各楽器が自由に奏でる"Shhh/Peaceful"。その神秘的な空間は、現在と未来を結ぶ時間の軌道をイメージさせる。プロデュースのテオ・マセロによってテープ編集が施されたことでも話題となったが、そこには既存のジャズからの脱却を図る新生マイルスをイメージ付ける意図もあった。

タイトル 時間

マイルス・デイヴィス その他の作品

他のおすすめ