7曲、45分

スタッフメモ

師弟関係にあったセロニアス・モンクとジョン・コルトレーンの共演を捉えた歴史的スタジオ録音。コルトレーンは、1957年から1958年にモンクのグループに参加、NYのライブハウスFive Spot Cafeを中心に多くの熱演を繰り広げた。この作品は、1957年7月、当時のメンバーで録音した3曲に「Monk’s Music」の未発表セッション2曲、「Thelonious Himself」からのアウトテイク"Functional (Take 1)"、同アルバム収録の"Monk's Mood"を加えたもの。最大の聴きどころは、モンク、コルトレーン、Wilbur Ware(B)、シャドウ・ウィルソン(Dr)のカルテットによる"Ruby, My Dear"、"Trinkle, Tinkle"、"Nutty"の3曲。師匠から多くの表現方法を学び、演奏家として飛躍的に成長することで、1960年代初頭から次々に名盤を世に送り出したコルトレーン。このアルバムで、彼の若き才能の片鱗に触れることができる。

スタッフメモ

師弟関係にあったセロニアス・モンクとジョン・コルトレーンの共演を捉えた歴史的スタジオ録音。コルトレーンは、1957年から1958年にモンクのグループに参加、NYのライブハウスFive Spot Cafeを中心に多くの熱演を繰り広げた。この作品は、1957年7月、当時のメンバーで録音した3曲に「Monk’s Music」の未発表セッション2曲、「Thelonious Himself」からのアウトテイク"Functional (Take 1)"、同アルバム収録の"Monk's Mood"を加えたもの。最大の聴きどころは、モンク、コルトレーン、Wilbur Ware(B)、シャドウ・ウィルソン(Dr)のカルテットによる"Ruby, My Dear"、"Trinkle, Tinkle"、"Nutty"の3曲。師匠から多くの表現方法を学び、演奏家として飛躍的に成長することで、1960年代初頭から次々に名盤を世に送り出したコルトレーン。このアルバムで、彼の若き才能の片鱗に触れることができる。

タイトル 時間

セロニアス・モンク その他の作品