トラヴィス・スコット
トラヴィス・スコット

トラヴィス・スコット

トラヴィス・スコットについて

トラヴィス・スコットは、タフで非現実的なトラップにポップの魅力を浸透させ、2010年代におけるラップのサウンドと感性を決定づけることに貢献した。1992年に生まれ、テキサス州ヒューストンの郊外で育った本名ジャック・ベルマン・ウェブスターIIことトラヴィス・スコットは、もともとカニエ・ウェストが創設したレーベル、G.O.O.D. Music所属のプロデューサーとして活動していた。

2012年にレーベルのコンピレーションアルバム『Cruel Summer』を手掛け、2013年には自身のデビューミックステープ『Owl Pharaoh』をリリースした数週間後に、カニエのアルバム『Yeezus』にプロデューサーとして参加した。その後、彼はゴシック調のエッジの効いたサウンドを、ドレイク、ミーゴス、マドンナ、リアーナ(「Bitch Better Have My Money」)らに楽曲を提供しつつ、2015年のソロデビューアルバム『Rodeo』 と続くセカンドアルバム 『Birds in the Trap Sing McKnight』で、遊び心を持ってメインストリームのラップをアバンギャルドへとシフトさせた。2018年のサイケデリックに近いうねりを持つアルバム 『ASTROWORLD』は、ミーゴスのクエイヴォ、ジョン・メイヤー、Tame Impala、シェック・ウェスを一つのアルバムに集結させたのみならず、彼らのエッセンスを混ぜ合わせることに成功し、アーティストとして、また最高のキュレーターとしての自身のビジョンを証明した。

  • 出身地
    Houston, TX
  • 生年月日
    1992年4月30日

同じタイプのアーティスト