ゴダイゴ

最新リリース

必聴アルバム

  • 西遊記

ライブアルバム

ゴダイゴについて

ゴダイゴの音楽は1970年代当時の音楽界、いや、それどころか一般的な家庭にまで、あらゆる“初めて”をもたらした。「ガンダーラ」「モンキー・マジック」(1978年)、「ビューティフル・ネーム」「銀河鉄道999」(1979年)といった大ヒットソングの歌詞には自然に英語が使われており、誰もが口ずさめるようなポップなメロディに乗っていた。メンバーには外国人が在籍し、日本人たちと笑顔で演奏している。しかもそのサウンドはシンセサイザーを大胆に駆使した先進的なもので、多くの人々は耳にしたことがない音色に驚いた。ゴダイゴはまさに何もかもが新しい存在だったのである。この新しさは中心人物であるミッキー吉野(Key)が結成以前からブルースロックやプログレッシブロックといった当時の新しい洋楽ロックを標榜する音楽性を研さんしていたことに起因している。やがてタケカワユキヒデ(Vo)と出会い、ゴダイゴとして活動を始め、オリジナル曲を作りながら映画やCMの音楽も制作。タケカワのソロとして構想されながら、結果的にゴダイゴのデビュー作に発展した初アルバム『新創世紀』(1976年)では、タイアップ曲の一方で、ストーリー性を持つ「組曲 “新創世紀”」で高度なアプローチを見せた。そしてロック色の濃い『DEAD END』(1977年)は初期の名盤としての評価を得ている。ゴダイゴは1985年に解散するも、その後も幾度かの再結成を果たしており、2006年からは新曲のリリースやライブを行うなど、バンドとして新たな段階に入っている。もちろんそこでも彼らならではのポップな歌と先鋭的なサウンドは健在である。

ジャンル
J-Pop

国または地域を選択

アフリカ、中東、インド

アジア太平洋

ヨーロッパ

ラテンアメリカ、カリブ海地域

米国およびカナダ