スタッフメモ 今でこそ名盤中の名盤として知られる本作だが、それまでの彼らのイメージとはかけ離れていたため、発売当初は賛否両論があった。そもそもビートルズの「Rubber Soul」に衝撃を受けたBrian Wilsonが、史上最高のロックアルバムを世に送り出すべく創作に没頭したのが本作の端緒。名うてのスタジオミュージシャンの集合体を指揮して完成させたシンフォニックなサウンドは唯一無比で、その音響センスと構築美は見事というしかない。ティンパニーやハープシコード、テルミンまで含む楽器編成は独創的で、歌の主旋律にかかわる複雑なハーモニーは洗練を極める。Wilsonのパーソナリティーが色濃く反映された内省的な歌の世界も含めて、間違いなく彼の創造的頂点の一つがここに刻印されている。

1
2:34
 
2
2:36
 
3
2:30
 
4
2:58
 
5
3:07
 
6
2:25
 
7
3:01
 
8
2:55
 
9
3:19
 
10
3:09
 
11
3:21
 
12
2:36
 
13
2:53
 

その他のバージョン

ミュージックビデオ

  • Sloop John B
    Sloop John B
    ザ・ビーチ・ボーイズ

ザ・ビーチ・ボーイズ その他の作品

おすすめコンテンツ