8曲、1時間18分

スタッフメモ

同時期に活躍したチャイコフスキー同様に、チェコ出身の作曲家アントニン・ドヴォルザーク(1841-1904)はドラマチックなパワーを持つ斬新なメロディを好んで使用した。ニューヨークで音楽教師として働いていた1892年から1895年の間、彼はアメリカへのオマージュとしてアフリカやアメリカ先住民の音楽性を取り入れた「交響曲第9番 『新世界より』(Symphony No. 9 “New World Symphony”)」を作曲。チェコ出身の指揮者ラファエル・クーベリックは幾度もこの作品に挑戦し、その中でも1972年にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との演奏が最も完成度が高く、様々な文化的要素を取り入れたユニークな傑作となっている。アルバムは陽気な旋律が印象的な「交響曲第8番(Symphony No. 8)」で始まる。

スタッフメモ

同時期に活躍したチャイコフスキー同様に、チェコ出身の作曲家アントニン・ドヴォルザーク(1841-1904)はドラマチックなパワーを持つ斬新なメロディを好んで使用した。ニューヨークで音楽教師として働いていた1892年から1895年の間、彼はアメリカへのオマージュとしてアフリカやアメリカ先住民の音楽性を取り入れた「交響曲第9番 『新世界より』(Symphony No. 9 “New World Symphony”)」を作曲。チェコ出身の指揮者ラファエル・クーベリックは幾度もこの作品に挑戦し、その中でも1972年にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との演奏が最も完成度が高く、様々な文化的要素を取り入れたユニークな傑作となっている。アルバムは陽気な旋律が印象的な「交響曲第8番(Symphony No. 8)」で始まる。

タイトル 時間

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 その他の作品

他のおすすめ