6曲、1時間2分

スタッフメモ

音楽史きっての大天才、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)は、35歳の若さで他界するまでに数多くの交響曲、オペラ、室内楽を世に残した。11歳で初めてピアノ協奏曲を作曲したモーツァルトは、1785年に自身の作品の中で最も有名となる二つの協奏曲、“ピアノ協奏曲第20番(Piano Concerto No. 20)” と “ピアノ協奏曲第21番(Piano Concerto No. 21)” を作曲した。オーストリア出身のピアニスト、フリードリヒ・グルダはこの二つの協奏曲を明確に解釈し、厳格なリズムの精密さと、ウィーンの詩的で切ない雰囲気を醸し出すことに成功した。1974年と1975年に収録されたこの二つの演奏には、クラウディオ・アバドが指揮するウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が加わり、過去最高の出来映えと称される作品に仕上がっている。

スタッフメモ

音楽史きっての大天才、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)は、35歳の若さで他界するまでに数多くの交響曲、オペラ、室内楽を世に残した。11歳で初めてピアノ協奏曲を作曲したモーツァルトは、1785年に自身の作品の中で最も有名となる二つの協奏曲、“ピアノ協奏曲第20番(Piano Concerto No. 20)” と “ピアノ協奏曲第21番(Piano Concerto No. 21)” を作曲した。オーストリア出身のピアニスト、フリードリヒ・グルダはこの二つの協奏曲を明確に解釈し、厳格なリズムの精密さと、ウィーンの詩的で切ない雰囲気を醸し出すことに成功した。1974年と1975年に収録されたこの二つの演奏には、クラウディオ・アバドが指揮するウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が加わり、過去最高の出来映えと称される作品に仕上がっている。

タイトル 時間

フリードリヒ・グルダ その他の作品

他のおすすめ