16曲、1時間6分

スタッフメモ

ポストクラシカル界をリードするドイツのアーティスト、マックス・リヒターによるバレエ音楽。20世紀前半のモダニズム文学を代表するイギリスの小説家、ヴァージニア・ウルフの詩を元に創作されたバレエ作品で、振付は英国ロイヤルバレエ団の常任振付家で、トム・ヨークのミュージックビデオなどでも手腕をふるう鬼才ウェイン・マクレガーが手掛けた。楽曲は、クラシカルな編成のものからエレクトロニカサウンドを駆使したものまでバリエーション豊か。イマジネーションを無限に広げる哲学的で幻想的な響きが、バレエ音楽を未来へと導いて行く。

スタッフメモ

ポストクラシカル界をリードするドイツのアーティスト、マックス・リヒターによるバレエ音楽。20世紀前半のモダニズム文学を代表するイギリスの小説家、ヴァージニア・ウルフの詩を元に創作されたバレエ作品で、振付は英国ロイヤルバレエ団の常任振付家で、トム・ヨークのミュージックビデオなどでも手腕をふるう鬼才ウェイン・マクレガーが手掛けた。楽曲は、クラシカルな編成のものからエレクトロニカサウンドを駆使したものまでバリエーション豊か。イマジネーションを無限に広げる哲学的で幻想的な響きが、バレエ音楽を未来へと導いて行く。

タイトル 時間

マックス・リヒター その他の作品