ジョナス・ブルー
ジョナス・ブルー

ジョナス・ブルー

ジョナス・ブルーについて

2010年代半ばからシングルやリミックスを次々とヒットさせてきたイギリス出身のDJ/プロデューサー、ジョナス・ブルーは、ダンスフロアの盛り上げ方を心得ている。それでいて、彼は暗闇の中に切なさの余白を残してもいる。

それを最高の形で証明した一曲が、トレイシー・チャップマンのフォークポップの名曲をスリリングかつ感動的にカバーした「Fast Car」だ。シンガーのDakotaとコラボレーションしたこの曲は2015年に世界中で大ヒットし、クラブやラジオの人気曲となった。1989年にロンドン郊外のチェルムスフォードで生まれたブルー(本名Jonas James Robin)は、これによってダンスミュージック界のトップアーティストへの仲間入りを果たした。さらに、ブルーは2017年のウィリアム・シングと共演した「Mama」などのヒット曲や、2018年のデビューアルバム『Blue』で、ポップ、トロピカルハウス、EDMを取り入れた独自のスタイルを作り上げた。そのサウンドは期待にたがわず軽快で夏らしさがありながらも、やはり底辺には、「Fast Car」のアレンジでみせたあの驚きと特別な感覚をもたらす感情の波が流れている。遠く過ぎ去った時代を懐かしむ2019年のシングル「Younger」にも、それは確かに感じ取れる。

そんなノスタルジックな感情を深く掘り下げつつ、あくまでポジティブに描くことが「僕の音楽の本当の目的だ」と、ブルーはApple Musicに語っている。

  • 出身地
    London, England
  • 生年月日
    1989年8月2日

同じタイプのアーティスト