Martin Garrix
Martin Garrix

Martin Garrix

Martin Garrixについて

Martin Garrixほどの速さでスターダムに上り詰めた者はあまりいない。1996年5月生まれのオランダ人、本名Martijn Garritsenは2013年の16歳の時、他の33万人の参加者と同様、ダンスミュージックを愛する一人の観客として、マイアミのUltra Music Festivalのチケットを購入している。そして翌年、彼はUltra Music Festivalだけでなく、Coachella、Electric Daisy Carnival、Tomorrowlandのステージにアーティストとして立っていた。

きっかけとなったのは、エレクトロハウスのアンセム「Animals」のヒットだ。同曲はEDMシーンに衝撃を与え、それから数年のビッグルームサウンドを方向づけた。さらにこの曲は、ジャスティン・ビーバーのマネージャーScooter Braunの目に留まり、Martin Garrixは10代のプロデューサーとして彼のマネジメントに迎え入れられた。

Garrixが20歳になるころには、『DJ Magazine』が彼を世界一のDJに認定した。それ以来、彼はダンスミュージックとポップのクロスオーバーを多く手掛けている。ディロン・フランシス、ハードウェル、ティエスト(Garrixのメンターでトッププロデューサー)といったDJの仲間たちや、アッシャー、エド・シーラン、Dua Lipaとコラボレーションを果たし、「Animals」の荒削りなサウンドから大きな進化を遂げた。ビービー・レクサと共演した「In the Name of Love」や、カリードと共演した「Ocean」といった楽曲では、洗練された繊細なサウンドを取り入れ、シンセサイザーやドラムを駆使し、彼ならではのEDM版パワーバラードを確立している。

  • 出身地
    Amsterdam, Netherlands
  • 生年月日
    1996年5月14日

同じタイプのアーティスト