ロザリア

ロザリア

最新リリース

必聴アルバム

  • MOTOMAMI +
  • EL MAL QUERER

アルバム

アーティストプレイリスト

参加作品

ロザリアについて

ロザリアはフラメンコシンガーだが、ジェイムス・ブレイクやビリー・アイリッシュ、フランク・オーシャンといった独自の境地を切り開いたアーティストに影響を受けている。それは偶然のことではない。彼女もまたジャンルの因習に逆らい、サウンドと同等に静寂や余白にも工夫を凝らし、そのプロセスの中でフラメンコ&ポップを作り変えてきたのだ。

ロザリア(本名Rosalia Vila Tobella)は、スペインのバルセロナから約35キロメートル離れたサント・エステーヴ・セスロヴィレスで1993年に生まれた。音楽一家ではなかったが、彼女は9歳で歌とダンスを始めた。「ずっとこれが私の道で、私には音楽をやるしかないし、他には何もできないと思ってきた」と、彼女は2018年にApple Musicとのインタビューで語っている。幸いにも家族の応援を受け、13歳でフラメンコシンガーとしてのトレーニングを始めた彼女は、23歳になった2017年、自身の歌声とRaül Refreeのギターだけで構成され、伝統的なフラメンコ曲を集めた異色のアルバム『Los Ángeles』でデビューを果たした。

しかしロザリアはフラメンコと同じ熱量で、ヒップホップやR&Bを聴き込んで育ってきた。2018年にブレイクしたコンセプトアルバム『EL MAL QUERER』では、そうしたジャンル間の境界線を取り除いてみせた。そして、ロザリアの友人でありプロデューサーのエル・グインチョとタッグを組んでからは、フラメンコとエレクトロニックミュージックを誠実かつオーセンティックに織り交ぜる方法を見いだした。彼女の類いまれな歌声に魅了されるアーティストは後を絶たず、トラヴィス・スコットやJ. バルヴィンなど次々と新たなコラボレーションを実現させている。

出身地
Sant Esteve Sesrovires, Spain
生年月日
1993年9月25日