ケツメイシ

最新リリース

必聴アルバム

アーティストプレイリスト

ベストアルバム、その他

もっと聴く

  • ケツメイシ

ケツメイシについて

歌うような軽やかなフロウのラップと親しみやすいボーカルを駆使しながら、日常生活の喜怒哀楽を飾らない言葉とキャッチーなメロディで表現したケツメイシは、日本のシーンに新たなポップミュージックの形を提示した。

メンバー構成はラッパーのRYOと大蔵、ボーカルのRYOJI、DJ KOHNOの4人組。日本のヒップホップシーンが最初の盛り上がりを見せていた1990年代後半に活動を開始したが、注目を集めたのは2002年にメジャー初のアルバムとしてリリースした2作目の『ケツノポリス2』だった。ラップをフィーチャーしたスタイルでありながら、ヒップホップの枠に収まりきらないポップな魅力が詰め込まれたこのアルバムからは「トモダチ」や「手紙」といったヒット曲が生まれ、それまでの日本の音楽シーンにはなかった新たな存在感を強烈に印象付けた。

毎日の生活の何気ない光景や心情の機微をカジュアルな言葉で巧みに描き出す彼らの楽曲は、恋愛や友情をテーマにしたものや、悩んでいる人の背中をそっと押すような応援ソング、ポジティブなメッセージソング、陽気に盛り上がれるパーティチューン、ユニークな視点と独自のボキャブラリーで社会や世相を風刺する楽曲など多岐にわたる。また、「夏の思い出」や「さくら」のように季節感を織り込んだ楽曲が多い点も特徴で、聴く者それぞれの実体験と強く結び付いて深く記憶に残るような作品を数多く生み出している。

長いキャリアの中で、音楽的なバリエーションや実験的なチャレンジ、年齢を重ねたことによる人間的な成長などをタイムリーに反映させながらコンスタントに作品を発表してきたが、ケツメイシサウンドの真髄は決して揺らぐことはない。誰もが共感できるようなポップミュージック本来の普遍性の中に、ラップという表現ならではのパーソナルでストレートな言葉をブレンドして、時にリスナーの気持ちを楽しく盛り上げ、時にリスナーの心をエモーショナルに揺さぶり、時にリスナーの思いに優しく寄り添い続ける。

出身地
Japan