9曲、44分

スタッフメモ

神がかった70年代前半のスティーヴィー作品の中でも屈指の傑作として君臨する本作。クールで緊張感にあふれ、社会問題をテーマに据えたメッセージ性あふれる作品であり、どこか密室的な雰囲気もある。ジャズ的に展開するアブストラクトな"Too High"、浮遊感たっぷりで夢幻的な"Visions"、黒人社会が抱える問題を切迫感をもって訴える"Living For the City"、レッド・ホット・チリ・ペッパーズによるカバーでもおなじみのファンクナンバー"Higher Ground"、こみ上げ系ソウルの名曲"Golden Lady"、サルサを取り入れた"Don't You Worry 'Bout a Thing"など、ポップもアグレッシヴもこの一枚に集約。まさに"ワンダー(奇跡的)"なアルバムだ。

スタッフメモ

神がかった70年代前半のスティーヴィー作品の中でも屈指の傑作として君臨する本作。クールで緊張感にあふれ、社会問題をテーマに据えたメッセージ性あふれる作品であり、どこか密室的な雰囲気もある。ジャズ的に展開するアブストラクトな"Too High"、浮遊感たっぷりで夢幻的な"Visions"、黒人社会が抱える問題を切迫感をもって訴える"Living For the City"、レッド・ホット・チリ・ペッパーズによるカバーでもおなじみのファンクナンバー"Higher Ground"、こみ上げ系ソウルの名曲"Golden Lady"、サルサを取り入れた"Don't You Worry 'Bout a Thing"など、ポップもアグレッシヴもこの一枚に集約。まさに"ワンダー(奇跡的)"なアルバムだ。

タイトル 時間

スティーヴィー・ワンダー その他の作品