18曲、1時間7分

スタッフメモ

ラフでルーズと形容される彼らの演奏スタイルが存分に楽しめる本作。鋭利で力強いリフとグルーヴ、遊び心たっぷりな演奏はジャムセッションから派生したもので、"Tumbling Dice"のような名曲も例外ではない。幾度もテイクを重ねた末に骨格を定め、緻密にアンサンブルを組み立てる労を惜しまない彼らは、"Rocks Off"と共に一級品のロックサウンドに仕立て上げている。対照的に"Sweet Virginia"や"Torn and Frayed"は図らずもカントリー音楽に寄せた佇まい。そして"Shine a Light"ではゴスペルを意識したオルガンとコーラスがフィーチャーされて、ミック・ジャガーの歌の情調にも合っている。アメリカ南部の音楽への接近によって、より豊かな音楽性を手にしていく過程が分かる好盤。

スタッフメモ

ラフでルーズと形容される彼らの演奏スタイルが存分に楽しめる本作。鋭利で力強いリフとグルーヴ、遊び心たっぷりな演奏はジャムセッションから派生したもので、"Tumbling Dice"のような名曲も例外ではない。幾度もテイクを重ねた末に骨格を定め、緻密にアンサンブルを組み立てる労を惜しまない彼らは、"Rocks Off"と共に一級品のロックサウンドに仕立て上げている。対照的に"Sweet Virginia"や"Torn and Frayed"は図らずもカントリー音楽に寄せた佇まい。そして"Shine a Light"ではゴスペルを意識したオルガンとコーラスがフィーチャーされて、ミック・ジャガーの歌の情調にも合っている。アメリカ南部の音楽への接近によって、より豊かな音楽性を手にしていく過程が分かる好盤。

タイトル 時間

ザ・ローリング・ストーンズ その他の作品