スタッフメモ 音楽全体が全く新しい発展を遂げようとしていた1930年代のアメリカ。ジャズは、ルイ・アームストロングのような即興演奏志向の革新者によって、初期のディキシーランドから進化を遂げ、同時期に手の込んだオーケストレーションによるポップミュージックが、1920年代に人気を集めたウクレレの弾き語りやヴォードヴィル歌手を過去に押しやり、ビング・クロスビーのような男性歌手による、親しみやすく繊細なスタイルのサウンドがレコード化された。そしてポップヴォーカリストたちは、マイクを使って聴衆と繋がることを学び、本当の意味での"シンガー”となった。同時に、ジャズミュージシャンは過去にはなかったような自己主張を始めて真のスタイリストへと変化。時に、この2つの潮流は混ざり合い、世代を越えてジャズ、ポップ、ロックのシンガーへと引き継がれていく上品で繊細な新しいスタンダードとなる作品を作り出していったのだった。

2:18
 
3:25
 
3:26
 
3:31
 
3:21
 
3:29
 
3:17
 
3:49
 
2:59
 
3:02
 
3:26
 
2:51
 
3:08
 
2:54
 
2:52
 
3:07
 
3:12
 
3:12
 
3:11
 
3:21
 
3:26
 
3:29
 
2:47
 
4:05
 
3:14
 
3:16
 
2:38
 
3:11
 
3:03
 
2:38
 
3:18
 
3:00
 
2:35
 
2:04
 
2:31
 
2:40
 
2:38
 
2:56
 
3:08
 
3:03
 
2:42
 
3:21
 

おすすめアーティスト