はじめての LEX

はじめての LEX

ヒップホップシーンの未来を担う輝かしい才能を持ち、ティーンから絶大な支持を集める2002年生まれ湘南出身のラッパー/プロデューサー。16歳で音楽制作を始め、2019年に発表したデビューアルバム『LEX DAY GAMES 4』でシーンに衝撃を与えた。タイプビートや自身のビートを交えた多彩なトラックに合わせ、言葉とメロディを柔軟に変化させていくことで際立つ声のメロウネスが大きな特徴。トラップを軸に、ダンスミュージックやロック、ポップなどの要素を取り入れたバリエーション豊かなサウンドと、絶望と希望のはざまで揺れ動く自身の内面をさらけ出すようなリリックは、彼独自の明確なコンセプトによって作品に一体化している。怒濤(どとう)の勢いや研ぎ澄まされた攻撃性のみならず、プロデューサーとしての多角的な視点を兼ね備えたアーティストとして驚異的なスピードで成長を遂げている。

国または地域を選択

アフリカ、中東、インド

アジア太平洋

ヨーロッパ

ラテンアメリカ、カリブ海地域

米国およびカナダ