スタッフメモ その拭いようのない哀しみと憂いを帯びたエンジェリックな歌声によって聴く者を魅了するラナ・デル・レイ。NYでの下積みを経てLAへと活動の拠点を移しブレイクを果たした彼女の魅力は、失われたカリフォルニアドリームの欠片を拾い集めるような、ノスタルジックでレトロフューチャーなポップサウンド。メジャーデビューアルバム「Born To Die」は全世界で1200万枚以上のセールスを記録する大ヒットとなった。ザ・ウィークエンドやStevie Nicksら、古今の著名アーティストたちとのコラボも話題を呼んだ「Lust for Life」では、インディーR&Bやチルウェイブ、フォークサイケからサッドコアまで、さらに幅広いサウンドを獲得。また、2019年のアルバム「Norman f*****g Rockwellll!」では、現代アメリカ社会の問題をダイレクトに反映したメッセージ性の強いアルバムとなり、その年を代表する名盤として高い評価を得た。2010年代のポップシーンの根底を静かに、しかし着実に流れる日常メランコリーを最もビビッドに体現したアーティストの一人だといえるだろう。

ソング
アルバム
Norman fucking Rockwell
4:08
 
4:41
 
3:22
 
Summertime Sadness
4:25
 
ヤング・アンド・ビューティフル
3:56
 
ウエスト・コースト
4:16
 
Lust for Life (feat. The Weeknd)
4:24
 
4:45
 
Mariners Apartment Complex
4:07
 
High By the Beach
4:17
 
4:32
 
Fuck it I love you
3:38
 
ブルックリン・ベイビー
5:51
 
4:49
 
9:37
 
ウルトラヴァイオレンス
4:11
 
Prisoner (feat. Lana Del Rey)
4:34
 
シェイズ・オブ・クール
5:42
 
5:00
 

おすすめアーティスト