25曲

スタッフメモ

ジャマイカが生んだレゲエシーンのカリスマ的存在として、今もなお世界中で聴き継がれるボブ・マーリー。1960年代前半からザ・ウェイラーズのリードヴォーカルとして活躍した彼は、スカやロックステディから派生したレゲエのグルーヴをより独自のものに発展させながら、1972年にアルバム「Catch a Fire」で世界デビューを果たす。エリック・クラプトンがカバーした"I Shot the Sheriff"の大ヒットと共に幅広いファン層からの注目を浴び、ラスタファリズムの思想に基づいたメッセージ性の高い歌詞と粘りのあるグルーヴで、国境や人種を超えて熱狂的な支持を集めた。1981年、36歳の若さで死去。以降、彼の遺した楽曲は人々を鼓舞し続けている。ここでは、闘争や連帯を促す力強いナンバーから雄大なラブソングまで、彼の軌跡をたどる代表曲を網羅。

スタッフメモ

ジャマイカが生んだレゲエシーンのカリスマ的存在として、今もなお世界中で聴き継がれるボブ・マーリー。1960年代前半からザ・ウェイラーズのリードヴォーカルとして活躍した彼は、スカやロックステディから派生したレゲエのグルーヴをより独自のものに発展させながら、1972年にアルバム「Catch a Fire」で世界デビューを果たす。エリック・クラプトンがカバーした"I Shot the Sheriff"の大ヒットと共に幅広いファン層からの注目を浴び、ラスタファリズムの思想に基づいたメッセージ性の高い歌詞と粘りのあるグルーヴで、国境や人種を超えて熱狂的な支持を集めた。1981年、36歳の若さで死去。以降、彼の遺した楽曲は人々を鼓舞し続けている。ここでは、闘争や連帯を促す力強いナンバーから雄大なラブソングまで、彼の軌跡をたどる代表曲を網羅。

再生中