GARNiDELiA
GARNiDELiA

GARNiDELiA

GARNiDELiAについて

光を放つ2つの才能によって、GARNiDELiAの物語が始まった。多くのアーティストの楽曲アレンジやプロデュースを手掛けてきたサウンドクリエイターのtokuと、インターネットシーンにおいて鮮烈な存在感を放っていたボーカリストのMARiA(メイリア)。ともに注目度の高かった2人が2010年にユニットを結成し、2014年にシングル「ambiguous」でメジャーデビューを果たした。

このユニットの特徴は、激しいビートと重厚な音色が織りなす洗練された楽曲と、孤高の美を感じさせるMARiAのクールな歌声にある。歌詞は主にMARiAが手掛け、痛みや絶望の中から立ち上がる不屈のスピリットを高らかに歌う。そのドラマチックな世界観は数々のアニメ作品と共鳴し、多くの楽曲がアニメのテーマソングに起用された。ミュージックビデオで披露する和洋折衷のロマンチックなファッションや、楽曲の世界観に沿ったダンスも話題となり、その人気は海外にも拡大。tokuとMARiAの織りなす独創的な世界は、アジア圏でも絶大な支持を誇っている。

同じタイプのアーティスト