泣き虫
泣き虫

泣き虫

泣き虫について

素性を明かさずに活動する匿名アーティストの中でも、ひときわ印象深い歌声を持つ泣き虫。ざらりとゆがんだスモーキーボイスとリアリスティックな心理描写が、リスナーの心を揺さぶる。

バンド活動を経て、弾き語りでの活動を開始。“大嫌いで、大迷惑な存在なんでしょう?”という強烈なフレーズで始まる「大迷惑星。」(2019年)のヒットで注目度を高めた。痛みやいら立ち、不安が渦巻くような生々しい歌が、モラトリアム期間を過ごす若者世代を中心に熱い共感を呼んでいる。

同じタイプのアーティスト