キース・ジャレット
キース・ジャレット

キース・ジャレット

キース・ジャレットについて

ジャズピアニストのキース・ジャレットはティーンエージャーのころからジャズに夢中になった。世界的に名高いNadia Boulangerからクラシック音楽の作曲をパリで学べる機会を彼が見送ったのは有名な話だ。

・ソロアーティスト/バンドリーダーとしての立ち位置を確立する前は、マイルス・デイヴィス、アート・ブレイキー、チャールス・ロイドといった偉大なジャズミュージシャンたちが率いるグループで演奏していた。
・彼は即興のソロコンサートに早くから取り組んでおり、規格外のピアノを演奏したことで知られる1975年の『The Köln Concert (Live)』は、ピアノソロのライブ録音としては史上最も売れた作品となった。
・ジャレットは1983年にベーシストのゲイリー・ピーコックとドラマーのジャック・デジョネットと共に“スタンダーズトリオ”を結成し、その後30年にわたってツアーやレコーディングで成功を収めた。
・1980年代後半から1990年代初頭にかけては、彼は自身のルーツであるクラシック音楽へと立ち戻り、バッハ、ヘンデル、モーツァルトの作品を演奏した。
・ジャレットは2004年に、デンマークの権威あるレオニー・ソニング音楽賞を受賞した。通常はクラシックのアーティストに贈られるこの賞で、それまでに受賞したジャズミュージシャンはマイルス・デイヴィスただ一人だった。

  • 出身地
    Allentown, PA
  • 生年月日
    1945年5月8日

同じタイプのアーティスト