ちゃんみな
ちゃんみな

ちゃんみな

ちゃんみなについて

セルフプロデュースですべてを作り上げ、若者のロールモデルとして羨望のまなざしを向けられるちゃんみな。もともとダンスに親しんでいた彼女は高校生になるころ、本格的に音楽の道を志すようになった。

高校生を対象としたラップバトルで頭角を現し、2017年に高校在学中ながらメジャーデビュー。ファーストアルバムの『未成年』は、表情豊かなリリックと確かなラップスキルでエッジーなトラックを乗りこなし、デビュー作にして強烈な印象を残した。2019年にはセカンドアルバム『Never Grow Up』を発表。ジャンルを超えた多彩なサウンドで喜怒哀楽を彼女らしく表現し、等身大の思いをぶつけた。

K-Popにも大きな影響を受けたというちゃんみなの世界観は、音楽のみならず、アートワークやミュージックビデオで披露されるダンス、そしてパフォーマンスにおける舞台演出の端々にも色濃く反映されている。すべてを自らプロデュースして作り上げ、彼女をロールモデルとする多くのリスナーたちを引きつけて離さない。2021年に発表した「美人」では、世間が提示する美の定義について痛烈な批判を浴びせながら、強い意志を貫き通す一面も見せた。SaweetieとDoja Catのコラボレーション曲「Best Friend」のリミックスに参加するなどインターナショナルな活躍も目覚ましく、まばゆいほどのカリスマ性を放ち続けている。

同じタイプのアーティスト