13曲、49分

スタッフメモ

モデルとして活躍しながら2004年にシンガーとしてデビューし、瞬く間にシーンを代表するポップ・アイコンとなった木村カエラが2007年にリリースした3rdアルバム。アーティストとしての彼女の魅力が遺憾なく発揮された1枚。 FOE の會田茂一、アスパラガスの渡邊忍、クラムボンの mito 、ビート・クルセイダース、 NATSUMEN の A×S×E と蔦谷好位置、亀田誠治、根岸孝旨、ニルギリス、ファラーのジェズ・アシャースト、 toe 等、個性あふれるアーティストたちとの共作から生まれた楽曲は、全曲シングル候補だったというほどの佳曲ぞろい。個性派アーティストたちがそれぞれ “木村カエラ” という素材で好き勝手に遊んでいるような自由さが、おもちゃ箱をひっくり返したような、色彩豊かでバラエティに富んだ作品にしている。ただ、彼女もそれぞれの曲の個性に飲み込まれてしまうことなく、むしろ自分のサウンドにして遊んでいるかのような豊かな表現力を発揮していて、木村カエラというアーティストの魅力を最大限に引き出すという理想的な結果を生み出している。

スタッフメモ

モデルとして活躍しながら2004年にシンガーとしてデビューし、瞬く間にシーンを代表するポップ・アイコンとなった木村カエラが2007年にリリースした3rdアルバム。アーティストとしての彼女の魅力が遺憾なく発揮された1枚。 FOE の會田茂一、アスパラガスの渡邊忍、クラムボンの mito 、ビート・クルセイダース、 NATSUMEN の A×S×E と蔦谷好位置、亀田誠治、根岸孝旨、ニルギリス、ファラーのジェズ・アシャースト、 toe 等、個性あふれるアーティストたちとの共作から生まれた楽曲は、全曲シングル候補だったというほどの佳曲ぞろい。個性派アーティストたちがそれぞれ “木村カエラ” という素材で好き勝手に遊んでいるような自由さが、おもちゃ箱をひっくり返したような、色彩豊かでバラエティに富んだ作品にしている。ただ、彼女もそれぞれの曲の個性に飲み込まれてしまうことなく、むしろ自分のサウンドにして遊んでいるかのような豊かな表現力を発揮していて、木村カエラというアーティストの魅力を最大限に引き出すという理想的な結果を生み出している。

タイトル 時間

木村カエラ その他の作品

他のおすすめ