10曲、36分

スタッフメモ

プリンスやボブ・マーリーらさまざまなアーティストの楽曲からインスパイアされた、キャリア史上最もパーソナルなアルバムとして話題を呼んだ作品。"キル・ジェイ・Z"という何とも物騒なタイトル曲では自身の身勝手を認め、Beyoncéへ謝罪の言葉を述べるなど、彼女のアルバム「Lemonade」に真摯に対峙した内容になっている。他にも人種差別や黒人のステレオタイプについて、コミュニティーやセクシュアリティー問題に対して言及。収録曲は自身の感情を吐露した内容ばかりだ。プロデューサーのNo I.D.が提供したトラックはどれもサンプリング主体のソウルフルかつミニマルな作りで、内省的なメッセージ性とあいまってスピリチュアルに響く。

スタッフメモ

プリンスやボブ・マーリーらさまざまなアーティストの楽曲からインスパイアされた、キャリア史上最もパーソナルなアルバムとして話題を呼んだ作品。"キル・ジェイ・Z"という何とも物騒なタイトル曲では自身の身勝手を認め、Beyoncéへ謝罪の言葉を述べるなど、彼女のアルバム「Lemonade」に真摯に対峙した内容になっている。他にも人種差別や黒人のステレオタイプについて、コミュニティーやセクシュアリティー問題に対して言及。収録曲は自身の感情を吐露した内容ばかりだ。プロデューサーのNo I.D.が提供したトラックはどれもサンプリング主体のソウルフルかつミニマルな作りで、内省的なメッセージ性とあいまってスピリチュアルに響く。

タイトル 時間

ジェイ・Z その他の作品