15曲、1時間3分

スタッフメモ

1990年代後半以降のNYのヒップホップを代表するラッパーとしてシーンに君臨してきたジェイ・Zが2001年に発表した通算6作目のアルバム。ジャクソン 5の"I Want You Back"をサンプリングした"Izzo (H.O.V.A.)"、ドアーズの"Five to One"とデヴィッド・ボウイの"Fame"を大胆に使った"Takeover"といったKanye Westプロデュースの楽曲など、1970年代の音源を随所に使ってノスタルジックなイメージを喚起するようなサウンドが印象的で、Qティップ、スリック・リック、ビズ・マーキーのキャメオ的な参加、さらにはエミネムとの共演など、話題と聴きどころ満載の内容に仕上がっている。もちろん、彼自身のラップも冴え渡っていて、Nasとの大きなビーフにつながった"Takeover"からリリカルなセンスが発揮された叙情的な"Song Cry"まで、ラッパーとしての確かな実力と豊かな表現力が存分に発揮された彼の代表作と呼ぶに相応しい作品となっている。

スタッフメモ

1990年代後半以降のNYのヒップホップを代表するラッパーとしてシーンに君臨してきたジェイ・Zが2001年に発表した通算6作目のアルバム。ジャクソン 5の"I Want You Back"をサンプリングした"Izzo (H.O.V.A.)"、ドアーズの"Five to One"とデヴィッド・ボウイの"Fame"を大胆に使った"Takeover"といったKanye Westプロデュースの楽曲など、1970年代の音源を随所に使ってノスタルジックなイメージを喚起するようなサウンドが印象的で、Qティップ、スリック・リック、ビズ・マーキーのキャメオ的な参加、さらにはエミネムとの共演など、話題と聴きどころ満載の内容に仕上がっている。もちろん、彼自身のラップも冴え渡っていて、Nasとの大きなビーフにつながった"Takeover"からリリカルなセンスが発揮された叙情的な"Song Cry"まで、ラッパーとしての確かな実力と豊かな表現力が存分に発揮された彼の代表作と呼ぶに相応しい作品となっている。

タイトル 時間

ジェイ・Z その他の作品