スタッフメモ 名実ともに日本を代表するロックバンドとして、実存的不安、社会へのメッセージや厳しい風刺を包み隠さずに表現してきたMr.Children。そのもう一方の魅力は、ラブソングにあるだろう。思春期のような恋の高揚感、恋人と過ごすかけがえのない日常への慈しみ、ときには深い嫉妬やもつれた情愛、喪失と再生。恋のあらゆる側面を歌うラブソングの数々は、どんな人生の側面にもフィットするはず。

4:30
 
5:24
 
4:29
 
5:30
 
5:26
 
5:19
 
5:14
 
4:57
 
5:53
 
5:03
 
6:33
 
4:52
 
5:02
 
3:20
 
4:22
 
5:16
 
5:41
 
Q
6:46
 
4:12
 
4:43
 
4:42
 
5:48
 
5:19
 
5:41
 
5:36
 

おすすめアーティスト