スタッフメモ ストレートなラブソングこそ少ないが、イマジネーションを刺激するように行間を読ませる文学的な歌詞が持ち味のASIAN KUNG-FU GENERATION。"君という花"に代表される、じわじわと沁み入るメロディラインに心を委ね、五感をフル活用して歌詞と楽曲に自分の身を重ねてみよう。

3:25
 
3:53
 
6:10
 
3:10
 
4:18
 
4:32
 
4:31
 
5:16
 
3:48
 
2:53
 
3:54
 
3:40
 
4:18
 

おすすめアーティスト