はじめての CHEMISTRY

Apple Music J-Pop

はじめての CHEMISTRY

川畑要と堂珍嘉邦がオーディション番組で出会い、そのコーラスワークの素晴らしさが評価されて2001年にデビュー。彼らが支持されたのは、当時はまだ珍しかった男性ヴォーカルデュオということに加え、二人の異なる個性と楽曲そのものの魅力によるところが大きい。松尾潔のプロデュースから離れて以降、各々がアイデンティティを打ち出す場面も増えたが、その軸には常に、1+1は2以上になるという自分たちへの期待と自負が込められていた。活動休止までに送り出した数々のヒット曲は、現在もエバーグリーンな輝きを放ち続けている。

おすすめアーティスト