はじめての フィロソフィーのダンス

はじめての フィロソフィーのダンス

“哲学”をテーマに掲げるグループとして、アイドルシーンに新たな価値観をもたらしたフィロソフィーのダンス。メンバーは奥津マリリ、佐藤まりあ、十束おとは、日向ハルの4人。ファンク/R&Bのグルーヴに乗り、哲学的なメッセージを込めて歌うというコンセプトの下、2015年に結成。ウルフルズやナンバーガールを手掛けた加茂啓太郎がプロデュースと運営を兼任していることも話題となった。豊富な音楽的素養を下敷きにしたサウンドプロダクションと、高度な楽曲を体現するハイクオリティなパフォーマンスが高次元で融合し、アイドルファンのみならず幅広い層を魅了。声質もキャラクターも異なる個性豊かな4人が織り成すハーモニーは格別な輝きを放つ。2020年にメジャーデビューし、磨きのかかった歌とダンスで活躍の幅を広げている。

おすすめアーティスト