10曲、40分

スタッフメモ

本作のエグゼクティブプロデューサーを務めたのは大御所リック・ルービン。アルバム全体に流れるのはポストパンクやインダストリアルな空気感だが、Kanyeと御大が企てたのは決してロックやパンク的なアプローチではなく、ミニマリズムの追求にあった。コマーシャリズムを徹底的に廃してヒップホップの原点に立ち返ったともいえるが、ありきたりのラジオフォーマットを忌避したサウンドからは、安易に定型化されることのない創造主としてのKanyeの姿が立ち上がってくる。ダフト・パンクとのコラボによる"On Sight"ほか、収録曲はどれもスリリング。

スタッフメモ

本作のエグゼクティブプロデューサーを務めたのは大御所リック・ルービン。アルバム全体に流れるのはポストパンクやインダストリアルな空気感だが、Kanyeと御大が企てたのは決してロックやパンク的なアプローチではなく、ミニマリズムの追求にあった。コマーシャリズムを徹底的に廃してヒップホップの原点に立ち返ったともいえるが、ありきたりのラジオフォーマットを忌避したサウンドからは、安易に定型化されることのない創造主としてのKanyeの姿が立ち上がってくる。ダフト・パンクとのコラボによる"On Sight"ほか、収録曲はどれもスリリング。

タイトル 時間

カニエ・ウェスト その他の作品