Somethin' Else

Somethin' Else

Blue Note Recordsを代表する、モダンジャズ史上に輝く名盤。1957年、マイルス・デイヴィスのグループに参加したキャノンボール・アダレイは、1958年3月、当時のボスであるマイルスを迎えて、ハンク・ジョーンズ(P)、サム・ジョーンズ(B)、アート・ブレイキー(Dr)という気心の知れたメンバーでリーダー作を録音した。マイルスのクールなトランペットが全体のトーンを支配する中、アダレイのメロウなサックスも加わり決定的名演となった"Autumn Leaves"や、美しいピアノのイントロで一気に引き込まれる"Love for Sale"、新時代を先取りしたモダンなブルース"Somethin' Else"、カルテットによるバラード"Dancing in the Dark"など、アルバム全体の構成も含めて素晴らしく、初心者にとっては入門盤としても最適。生涯に渡って付き合える作品である。

他のおすすめ

国または地域を選択

アフリカ、中東、インド

アジア太平洋

ヨーロッパ

ラテンアメリカ、カリブ海地域

米国およびカナダ