12曲、52分

スタッフメモ

しばしばベックの"失恋記録"と解釈される本作は、確かに実験的な試みの少ない、モノトーン調の楽曲が多く収録されている。アコースティックサウンドに乗せた悲しみのモノローグを延々と聴くような、胸を締めつけるアルバム体験であり、孤独感を強調するスライドギターが響く"The Golden Age"からラストの物憂げな"Side of the Road"まで、過去のベックサウンドを象徴したヒップホップビートやディストーションは最後まで影を潜める。このシンプルで直接的なアプローチが不安を掻き立てつつも、時に美しい厳粛さを醸し出していることも事実。"Guess I'm Doing Fine"では故人が人生を肯定するかのようなリリックが紡がれ、"Already Dead"では鎮静剤を打たれた精神病患者との出来事を振り返りながら、庭を散歩している光景を浮かび上がらせる。レッド・ハウス・ペインターズのMark KozelekやHaydenのような、恋に破れた吟遊詩人が書き綴った失恋日記を思わせる一枚。

スタッフメモ

しばしばベックの"失恋記録"と解釈される本作は、確かに実験的な試みの少ない、モノトーン調の楽曲が多く収録されている。アコースティックサウンドに乗せた悲しみのモノローグを延々と聴くような、胸を締めつけるアルバム体験であり、孤独感を強調するスライドギターが響く"The Golden Age"からラストの物憂げな"Side of the Road"まで、過去のベックサウンドを象徴したヒップホップビートやディストーションは最後まで影を潜める。このシンプルで直接的なアプローチが不安を掻き立てつつも、時に美しい厳粛さを醸し出していることも事実。"Guess I'm Doing Fine"では故人が人生を肯定するかのようなリリックが紡がれ、"Already Dead"では鎮静剤を打たれた精神病患者との出来事を振り返りながら、庭を散歩している光景を浮かび上がらせる。レッド・ハウス・ペインターズのMark KozelekやHaydenのような、恋に破れた吟遊詩人が書き綴った失恋日記を思わせる一枚。

タイトル 時間

ベック その他の作品