13曲、46分

スタッフメモ

1994年リリース、ベックの記念すべきメジャーデビューアルバム。気だるいスライドギター、脱力しきったベックの声が「俺は負け犬、さっさと殺せば?(I’m a loser baby so why don't you kill me?)」とうそぶくシングル"ルーザー"が大きな衝撃と共に迎えられ、本作も大ヒットを記録。アルバム全編に漂う厭世観と無気力なローファイサウンドは、ニルヴァーナのカート·コバーンが亡くなり、グランジブームが急速に終焉に向かっていた当時のネガティブなムードを痛々しいほど鮮烈に捉えている。しかし、その一方でヒップホップとノイズのミクスチャー"ソウル·サッキン·ジャーク"や、"ビール缶"のファンク、そして驚くほどピュアなトラッドフォークを聴かせる"ペイ·ノー·マインド(スヌーザー)"など、ルーツミュージックとモダンポップを自由に交配させるベックの才能が躍動する、新しい時代の到来を告げるポジティブな1枚でもあった。

スタッフメモ

1994年リリース、ベックの記念すべきメジャーデビューアルバム。気だるいスライドギター、脱力しきったベックの声が「俺は負け犬、さっさと殺せば?(I’m a loser baby so why don't you kill me?)」とうそぶくシングル"ルーザー"が大きな衝撃と共に迎えられ、本作も大ヒットを記録。アルバム全編に漂う厭世観と無気力なローファイサウンドは、ニルヴァーナのカート·コバーンが亡くなり、グランジブームが急速に終焉に向かっていた当時のネガティブなムードを痛々しいほど鮮烈に捉えている。しかし、その一方でヒップホップとノイズのミクスチャー"ソウル·サッキン·ジャーク"や、"ビール缶"のファンク、そして驚くほどピュアなトラッドフォークを聴かせる"ペイ·ノー·マインド(スヌーザー)"など、ルーツミュージックとモダンポップを自由に交配させるベックの才能が躍動する、新しい時代の到来を告げるポジティブな1枚でもあった。

タイトル 時間

ベック その他の作品