10曲、39分

スタッフメモ

문차일드(Moon Child)からの改名後、一貫してロックバラードを追求してきた3人組、M.C the Max。前作から2年の沈黙を破ってリリースしたのが、8作目となるこのアルバムだ。ISU(Vo)の力強いハイトーンヴォイスを最大の武器に、心を揺さぶるドラマティックなバラードが並んでいる。"No Matter Where"はその真骨頂ともいえる曲で、ロングランのヒットを記録。その一方、アルバムのラストを飾るスケールの大きな"Anépigraphe"ではエレクトロの要素を導入し、新たな展開を予感させる作品となっている。

スタッフメモ

문차일드(Moon Child)からの改名後、一貫してロックバラードを追求してきた3人組、M.C the Max。前作から2年の沈黙を破ってリリースしたのが、8作目となるこのアルバムだ。ISU(Vo)の力強いハイトーンヴォイスを最大の武器に、心を揺さぶるドラマティックなバラードが並んでいる。"No Matter Where"はその真骨頂ともいえる曲で、ロングランのヒットを記録。その一方、アルバムのラストを飾るスケールの大きな"Anépigraphe"ではエレクトロの要素を導入し、新たな展開を予感させる作品となっている。

タイトル 時間

M.C the Max その他の作品