スタッフメモ 2009年のミックステープ『So Far Gone』とシングル「Best I Ever Had」で一躍時代の寵児となったドレイクの初のオリジナルアルバムで、大手レーベル間で勃発した争奪戦に勝利したリル・ウェイン主宰のYoung Moneyから2010年にリリースされた。アリシア・キーズ、ジェイ・Z、ニッキー・ミナージュといった豪華ゲストを迎えて制作され、「Over」、「Find Your Love」、「Miss Me」、「Fancy」の4曲が全米シングルチャートでトップ40入りを果たし、本作自体も全米1位に輝くなど、期待を裏切らないヒットを記録した。メロディアスなフロウとアトモスフェリックなサウンドを駆使し、自身の弱さすらもリリカルに描き出す持ち前の表現力が存分に発揮されていて、事前のバズが本物であることを証明しただけでなく、ヒップホップ/R&Bの新たな潮流を生み出すシーンの最重要アーティストとしての地位も決定付けた大作となった。

ソング
Fireworks (feat. Alicia Keys)
1
5:13
 
Karaoke
2
3:47
 
The Resistance
3
3:45
 
Over
4
3:53
 
Show Me a Good Time
5
3:30
 
Up All Night (feat. Nicki Minaj)
6
3:54
 
Fancy (feat. T.I. & Swizz Beatz)
7
5:19
 
Shut It Down (feat. The-Dream)
8
6:59
 
Unforgettable (feat. Young Jeezy)
9
3:33
 
Light Up (feat. JAY-Z)
10
4:34
 
Miss Me (feat. Lil Wayne)
11
5:05
 
Cece's Interlude
12
2:34
 
Find Your Love
13
3:28
 
Thank Me Now
14
5:28
 
Best I Ever Had
15
4:18