11曲、44分

スタッフメモ

1997年リリースの「Sehnsucht」で構築したスタイルに磨きをかけたラムシュタインは、3作目のアルバムで自分たちが最も得意な分野に落ち着いた。それは、テクノやオペラ、そして少々のキャバレーがどことなく漂う、激しいインダストリアルメタル。最も驚くべきは、"Links 2 3 4" のブーツを踏みならすようなビートではなく、バラードだ。特に "Nebel" とタイトルトラック "Mutter" は、はかなげなオープニングから、劇的なオーケストラのクライマックスへと高まっていく流れが秀逸。

スタッフメモ

1997年リリースの「Sehnsucht」で構築したスタイルに磨きをかけたラムシュタインは、3作目のアルバムで自分たちが最も得意な分野に落ち着いた。それは、テクノやオペラ、そして少々のキャバレーがどことなく漂う、激しいインダストリアルメタル。最も驚くべきは、"Links 2 3 4" のブーツを踏みならすようなビートではなく、バラードだ。特に "Nebel" とタイトルトラック "Mutter" は、はかなげなオープニングから、劇的なオーケストラのクライマックスへと高まっていく流れが秀逸。

タイトル 時間

ラムシュタイン その他の作品