スタッフメモ 数々のオペラを歌い、歌曲にも精力的に取り組むソプラノのクリスティアーネ・カルクが、グスタフ・マーラーの歌曲の中からよりすぐりの作品を歌った魅力あふれるアルバム。驚くべきことに、マーラー自身が1905年に演奏を記録したヴェルテ・ミニョン自動再演ピアノによって、マーラーとカルクの共演による2曲を聴くことができる。交響曲第4番の第4楽章で歌われる「Das himmlische Leben」での、1世紀以上の時を経た2人のパフォーマンスは、まさに鳥肌もの。アルバムの大半はマルコム・マルティノーがピアノを弾いており、民謡風の『Des Knaben Wunderhorn』から、激しくも高貴な『Rückert-Lieder』まで、それぞれの歌曲集で卓越した演奏を聴かせる。カルクの堂々たる歌声との調和が絶妙だ。

2:13
 
2:37
 
1:47
 
2:55
 
4:21
 
2:55
 
7:05
 
1:24
 
2:27
 
2:26
 
6:18
 
2:51
 
2:21
 
5:00
 
18
3:13
 
19
7:21
 

ミュージックビデオ

グスタフ・マーラー, クリスティアーネ・カルク & マルコム・マルティノー その他の作品

おすすめコンテンツ