11曲、35分

スタッフメモ

ヘヴィロックや叙情的なUKロックが隆盛を極めていた2001年、スタイリッシュなファッションに身を包み、颯爽(さっそう)とクールなロックンロールを鳴らし、世界中の音楽ファンに衝撃を走らせたThe Strokes。彼らがイギリスの名門レーベルであるRough Tradeからリリースした記念すべきデビュー作「Is This It」は、そのシンプルなアートワーク同様、極めてミニマムな仕上がり。ヘヴィなリフも、分かりやすい感情もここにはない。口笛を吹きたくなるようなメロディ、宙ぶらりんの感情、軽くスウィングしてどこにでもフィットする音楽。そんなロックンロールの魅力を、本作は音楽シーンに再提示した。ザ・リバティーンズやArctic Monkeysもここから始まったといっても過言ではない。

スタッフメモ

ヘヴィロックや叙情的なUKロックが隆盛を極めていた2001年、スタイリッシュなファッションに身を包み、颯爽(さっそう)とクールなロックンロールを鳴らし、世界中の音楽ファンに衝撃を走らせたThe Strokes。彼らがイギリスの名門レーベルであるRough Tradeからリリースした記念すべきデビュー作「Is This It」は、そのシンプルなアートワーク同様、極めてミニマムな仕上がり。ヘヴィなリフも、分かりやすい感情もここにはない。口笛を吹きたくなるようなメロディ、宙ぶらりんの感情、軽くスウィングしてどこにでもフィットする音楽。そんなロックンロールの魅力を、本作は音楽シーンに再提示した。ザ・リバティーンズやArctic Monkeysもここから始まったといっても過言ではない。

タイトル 時間

The Strokes その他の作品

他のおすすめ