スタッフメモ あいみょん、KERENMI、AmPmらのプロデュースやフィーチャリング、映画やテレビドラマの劇伴や劇中歌を手掛けるなど、多方面で活躍するプロデューサー/シンガーソングライター、Michael Kaneko。彼が満を持して完成させたファーストアルバムは、湘南生まれ、南カリフォルニア育ちのオーガニックなメロウネスが宿る歌声と、全ての楽器を自ら弾きこなし緻密に構築された楽曲から弾き語りまで、多角的なアプローチで生み出された情感豊かな楽曲が堪能できる作品だ。ヒップホップやR&B、ロックを横断するダンストラックに、ラッパーのDaichi Yamamotoをフィーチャーした「Breakdown」をはじめ、フォーキーなサウンドに乗せ、自らを奮い立たせる言葉を紡ぐ「When We Were Young」、コロナ禍におけるポジティブなマインドを多彩なメロディとともに描き出した「Tides」など、サウンドとリリック両面で揺るぎない個性を確立した11曲が収録されている。

このアルバムはApple Digital Masterに対応しています。アーティストやレコーディングエンジニアの思いを忠実に再現した、臨場感あふれる繊細なサウンドをお楽しみください。

ソング
Breakdown feat. Daichi Yamamoto
1
4:05
 
Circles
2
3:27
 
Alive
3
3:32
 
These Nights
4
3:53
 
This Game
5
3:40
 
Everything That I Had
6
3:13
 
Runaway
7
4:26
 
Tides
8
3:47
 
Voices
9
4:10
 
When We Were Young
10
3:39
 
Someday
11
3:32
 

Michael Kaneko その他の作品

おすすめコンテンツ