15曲、38分

スタッフメモ

ポップなベースのイントロから始まり、ギターがエバーグリーンなメロディを奏で始める。すると次の瞬間にヴォーカルは絶叫し、バンド全体が暴走してしまう。そんな即効性極まりないロックアンセム "Debaser"で幕を開ける本作「Doolittle」は、ニルヴァーナのカート・コバーンが日記にお気に入りの作品としてピックアップしていたことからも広く知られるPixiesの代表作だ。イギリスのカルトインディレーベル4AD所属バンドということもあり、イギリスでの人気が先行していた彼らではあったが、この作品で本国アメリカでのブレイクを果たした。その理由はこの作品全体を貫くポップさとエネルギーに触れればすぐに分かるはずだ。ニルヴァーナのほかにもPavementやウィーザー、レディオヘッド、そして日本ではナンバーガールへの影響も色濃いのではないだろうか。多くのフォロワーを生み出したゴッドファーザー的バンドの最もポップな作品だ。

スタッフメモ

ポップなベースのイントロから始まり、ギターがエバーグリーンなメロディを奏で始める。すると次の瞬間にヴォーカルは絶叫し、バンド全体が暴走してしまう。そんな即効性極まりないロックアンセム "Debaser"で幕を開ける本作「Doolittle」は、ニルヴァーナのカート・コバーンが日記にお気に入りの作品としてピックアップしていたことからも広く知られるPixiesの代表作だ。イギリスのカルトインディレーベル4AD所属バンドということもあり、イギリスでの人気が先行していた彼らではあったが、この作品で本国アメリカでのブレイクを果たした。その理由はこの作品全体を貫くポップさとエネルギーに触れればすぐに分かるはずだ。ニルヴァーナのほかにもPavementやウィーザー、レディオヘッド、そして日本ではナンバーガールへの影響も色濃いのではないだろうか。多くのフォロワーを生み出したゴッドファーザー的バンドの最もポップな作品だ。

タイトル 時間

Pixies その他の作品

他のおすすめ