10曲、33分

スタッフメモ

スティーヴン・スティルス、ニール・ヤング、リッチー・フューレイという三者三様の個性と才能が火花を散らした2作目で、ウェストコーストロック新時代の胎動を示した傑作として名高い。時代の流れを捉えて実験的かつサイケな要素が取り込まれているが、ベースにあるのはブルースやR&B、フォーク、カントリーなどのルーツ音楽。特に"Mr. Soul"と"Bluebird"では、バッファロー・スプリングフィールドのサウンドを凝縮したようなエッジのある演奏を聴かせてくれる。その一方で、ジャック・ニッチェがオーケストラアレンジを手掛けた"Expecting to Fly"、ノスタルジックなムードを湛えた弾き語り曲"Sad Memory"ほか、数曲はメンバーのソロワーク的なスタンスが見え隠れし、意外なほど変化に富んだ作風となっている。

スタッフメモ

スティーヴン・スティルス、ニール・ヤング、リッチー・フューレイという三者三様の個性と才能が火花を散らした2作目で、ウェストコーストロック新時代の胎動を示した傑作として名高い。時代の流れを捉えて実験的かつサイケな要素が取り込まれているが、ベースにあるのはブルースやR&B、フォーク、カントリーなどのルーツ音楽。特に"Mr. Soul"と"Bluebird"では、バッファロー・スプリングフィールドのサウンドを凝縮したようなエッジのある演奏を聴かせてくれる。その一方で、ジャック・ニッチェがオーケストラアレンジを手掛けた"Expecting to Fly"、ノスタルジックなムードを湛えた弾き語り曲"Sad Memory"ほか、数曲はメンバーのソロワーク的なスタンスが見え隠れし、意外なほど変化に富んだ作風となっている。

タイトル 時間

バッファロー・スプリングフィールド その他の作品

他のおすすめ