スタッフメモ コルトレーンの"静"の側面が見事に表現された珠玉のバラード集。1961年、Impulse! Recordsと契約したジョン・コルトレーンだが、当時リリースした作品は長尺な楽曲が多く、難解という評価もあった。そこでプロデューサーBob Thieleの提案で、より多くの音楽ファンにアピールする作品を企画。アドリブを抑えて原曲のメロディの美しさを凝縮させたバラードアルバムを完成させた。"What’s New?"などの有名曲の他、本作をきっかけに広く知られるようになった"Say It (Over and Over Again)"など、隠れた名曲を探し出すコルトレーンの選曲センスにも脱帽。香り高い音色と豊かな表現力で、感情が乗り移ったかのように、丁寧に一音一音を紡ぎ上げていくテナーサックスと、寄り添いながら的確にサポートする黄金のカルテットのメンバー。その名演に陶酔の時間を過ごすことができる、時代を超えた名盤。

1
4:17
 
2
5:14
 
3
4:22
 
4
3:37
 
5
4:52
 
6
3:45
 
7
2:46
 
8
3:11
 

その他のバージョン

ジョン・コルトレーン・カルテット その他の作品