10曲、48分

タイトル 時間

評価とレビュー

4.5/5
4件の評価

4件の評価

Nisisinjuku

「月と恋人」だ!

ラジオ番組を録音したテープが擦り切れるまで聴いた「月と恋人」が売ってる。しかも、一曲で買えるってのはイイ時代だ。
ただ、惜しむらくは、上野洋子さんとのデュエットでないところだ。
この曲は2人のライブのために書き下ろされたもので、何か特別な響きが有った気がするのだけれど。
1993年のころの自分の心境に戻れる僕にとって変え難いイイ曲です。

ミッキー・ヤーン

美しい。メロディも歌詞もアレンジも。

ご本人が自身のHPで述べておられるように、メロディの美しいバラードがぎっしり詰まっています。谷山浩子さんのアルバムは内容がバラエティに富んだものが多い印象がありますが、このアルバムはある一定のトーンが貫かれているように思えます。タイトル曲の「銀の記憶」や「二人目の人類」は谷山浩子さんの、メロディメーカーとしての存在感を存分に感じさせる曲。「月見て跳ねる」のように少しアップテンポの曲も入っていてこれもスッと耳に入ってくるメロディ。「月の恋人」は南米フォルクローレの曲を連想させます。そして「夜のブランコ」。谷山浩子初中期の傑作アルバム「水の中のライオン」に収録されている、ファンなら誰でも知っている名曲を新アレンジ新録音でセルフカヴァーされています。オリジナルもいいですがこのアレンジもいいですね。谷山浩子中後期のオススメ盤です。

谷山浩子 その他の作品

他のおすすめ