9曲、42分

スタッフメモ

前作「思いきり気障な人生」に続き、阿久悠(作詞)と大野克夫(作曲)のコンビが楽曲を提供。アレンジは映画の挿入歌"ヤマトより愛をこめて"のみ宮川泰で、他の曲は前作と同様に船山基紀が担当している。1曲目のシングル曲"ダーリング"のインパクトは強力で、ほぼセンター定位の音像も相まって、存在感のあるヴォーカルとスピード感あふれる演奏が絶妙な一体感を作り出している。"酔いどれ関係"のベースラインなど、メリハリの利いた演奏には聴きどころが多数。長尺の"スピリット"などバラード曲も十分に配されていて、沢田研二の歌唱をじっくりと堪能できるアルバムとなっている。ミキシングエンジニアは吉野金次。

スタッフメモ

前作「思いきり気障な人生」に続き、阿久悠(作詞)と大野克夫(作曲)のコンビが楽曲を提供。アレンジは映画の挿入歌"ヤマトより愛をこめて"のみ宮川泰で、他の曲は前作と同様に船山基紀が担当している。1曲目のシングル曲"ダーリング"のインパクトは強力で、ほぼセンター定位の音像も相まって、存在感のあるヴォーカルとスピード感あふれる演奏が絶妙な一体感を作り出している。"酔いどれ関係"のベースラインなど、メリハリの利いた演奏には聴きどころが多数。長尺の"スピリット"などバラード曲も十分に配されていて、沢田研二の歌唱をじっくりと堪能できるアルバムとなっている。ミキシングエンジニアは吉野金次。

タイトル 時間

沢田研二 その他の作品

他のおすすめ