17曲

スタッフメモ

2002年、17歳のときにアルバム「Let Go」でデビューを果たしたアヴリル・ラヴィーンは、瞬く間に世界的な人気を持つロックプリンセスの座を手にした。グランジ、メロコア、モダン・へヴィロック、オルタナティブロックなどを反映させながら、幅広い層のリスナーが楽しめるポップテイストを加えた楽曲、そして10代特有の繊細な感情やリアルな生活を描いた歌詞が魅力。凛とした強さを感じさせるヴォーカル、パンクスタイルを取り入れたファッションも、10代、20代を中心に支持を獲得。その後もダンスミュージックの要素を取り入れるなど、音楽性の幅を広げ続けている。

スタッフメモ

2002年、17歳のときにアルバム「Let Go」でデビューを果たしたアヴリル・ラヴィーンは、瞬く間に世界的な人気を持つロックプリンセスの座を手にした。グランジ、メロコア、モダン・へヴィロック、オルタナティブロックなどを反映させながら、幅広い層のリスナーが楽しめるポップテイストを加えた楽曲、そして10代特有の繊細な感情やリアルな生活を描いた歌詞が魅力。凛とした強さを感じさせるヴォーカル、パンクスタイルを取り入れたファッションも、10代、20代を中心に支持を獲得。その後もダンスミュージックの要素を取り入れるなど、音楽性の幅を広げ続けている。

おすすめアーティスト

再生中