31曲

スタッフメモ

幼少の頃からカントリーミュージックを聴いて育ち、2006年にセルフタイトルアルバム「Taylor Swift」でデビューを飾ったテイラー・スウィフト。デビュー当時から話題を呼んでいた彼女だが、ポップ色が強いセカンドアルバム「Fearless」でグラミー賞の最優秀アルバム賞を受賞、以降リリースしたアルバムも立て続けに大ヒットを記録した。失恋などの実体験をもとにした楽曲の数々で、自分を重ね共感する同世代の女性ファンに絶大な人気を誇る。日本のヒット番組のテーマソングに"We Are Never Ever Getting Back Together"が起用されたことをきっかけに、日本でも人気を定着させた。そのルックスも相まって、ファッションアイコンとしても定評のある彼女。ここでは、カントリーシンガーとして活動していた初期の楽曲から彼女をポップスターの座に押し上げたキャッチーなヒットソングまで、代表曲を幅広く網羅。

スタッフメモ

幼少の頃からカントリーミュージックを聴いて育ち、2006年にセルフタイトルアルバム「Taylor Swift」でデビューを飾ったテイラー・スウィフト。デビュー当時から話題を呼んでいた彼女だが、ポップ色が強いセカンドアルバム「Fearless」でグラミー賞の最優秀アルバム賞を受賞、以降リリースしたアルバムも立て続けに大ヒットを記録した。失恋などの実体験をもとにした楽曲の数々で、自分を重ね共感する同世代の女性ファンに絶大な人気を誇る。日本のヒット番組のテーマソングに"We Are Never Ever Getting Back Together"が起用されたことをきっかけに、日本でも人気を定着させた。そのルックスも相まって、ファッションアイコンとしても定評のある彼女。ここでは、カントリーシンガーとして活動していた初期の楽曲から彼女をポップスターの座に押し上げたキャッチーなヒットソングまで、代表曲を幅広く網羅。

おすすめアーティスト

再生中