スタッフメモ 小室哲哉による美しいメロディが楽しめるラブソングは、globe ファンの中でも人気が高い。トライバルなビートが心をざわつかせるアッパーチューン、ひたむきな切ない恋心を歌うバラードなど、曲調は多彩。ときに伸びやかに、ときに声を振り絞るように歌う KEIKO の高音ヴォーカルと、マーク・パンサーの流れるようなラップが、絡み合う恋愛感情を巧みに表現し、楽曲のバリエーションを広げている。

6:09
 
5:58
 
6:42
 
8:40
 
5:11
 
5:06
 
5:21
 
5:09
 
5:14
 
4:22
 
7:17
 
7:47
 

おすすめアーティスト

  • globe